読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikkawaryuハワイ愛

ハワイをきっかけにマイレージを貯め始めた三十路陸マイラー男の日記

デルタスカイマイルAMEXゴールドを発行した理由

スカイチーム

アメリカ出張が決まり、今年3回目の飛行機となりました。
これを機に、前々から気になってた
デルタスカイマイルAMEXゴールドに申し込み、無事発行されました

 年会費は26,000円+税

高いですね。

なぜ発行したでしょうか?

大抵の方はアホか!と思うことでしょう。。。

それは。。。




Costcoでクレジット払いができるから!

Costcoで給油ができる!

 

 

ということで、先週Costcoで買い物して、早速使いました。。。
今まで現金で払ってたのが、Costcoでクレジット払いだぁという感動とともに
そして決済分マイルが貯まる喜び。
Costcoの格安ガソリンは、たまたま満タンだったので、入れませんでした。

 


 いいえ、Costcoは二の次なのです。

 

 


真の目的は、

 


デルタゴールメダリオン

 

 


何それ?と思うことでしょう。

言わば航空会社のお得意様として様々な優遇が受けられるVIP会員です。
ゴールドメダリオンになろうと思ったら、

スカイチームの航空会社で1年間で
50,000MQM(飛行機利用の際に得られるマイル数)
または
60MQS(所定の区間数)
が必要となります。

つまり50000マイルの飛行か60区間を1年間に飛ばなければ得られない資格です。
よほどの出張族でない限り無理です。

ちなみに私は中国の出張のときに利用した中国東方航空だけですので
MQM:1666
MQS:2
しかありません。

到底無理ですよね。

それがこのカード発行で即ゴールドメダリオン
ちなみにアメリカ人がデルタアメックスゴールドを発行しても
ゴールドメダリオンにはならないそうです。
日本人だけの特権のようです。
おそらく1つ前の記事のように、

ユナイテッド航空ANA

アメリカン航空JAL
と提携してるのに対し、日系と提携してないことに

日本の客を呼び込む力のdisadvantageを感じての策かと思います。

 

 

ゴールドメダリオンの特典はいろいろありますが、
お目当ては
○優先チェックイン
○優先搭乗
○無償アップグレード ←運次第
スカイチームラウンジ
○手荷物優先受取
○帰国時の手荷物無料宅配サービス(正確にはアメックスゴールドの特典)

(縦横奥行の寸法の合計が120cm以内で20kg以内なので、利用できないかも)

ということで出張が楽しみです。

また、カードラウンジとスカイチームラウンジの差を

見てみたいところです。

ただ、スカイチームラウンジを利用したことある方には、期待しないほうがいいと言われました。

 

また、もう一つの理由は

○すべての日本国内線で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルを獲得

上限は、

スカイマイル一般会員(合計5,000ボーナスマイル)

スカイマイルのゴールド以上のメダリオン会員(合計20,000ボーナスマイル)

になります。

私の場合、20,000ボーナスマイルまで、国内線を乗った回数x500マイル獲得できることになります。

もし、今後SFC修行をする場合、ANAのPPを稼ぎながら、デルタのマイルも稼ぐことができます。(スカイラウンジの利用も実はSFC修行の自己動機づけだったり)

ただし、2017年3月までのキャンペーンなので、2017年4月以降にも存在するのかわかりません。


これらの特典で年会費26,000円+税を安いと思うか高いと思うかは
スカイチームの航空会社の利用頻度
・特典が値段に見合ってるかどうか
・デルタスカイマイルを貯めることへの熱い気持ち

次第になります。


継続するか、更新を前に解約するかは、更新月が近づいたら考えます。

※初年度の年会費は入会の翌月に支払発生します